オリ山本由伸、投手5冠獲得で球界が唸る「菅野の元カノ」の“選球眼”

ポストセブン
野崎萌香と山本由伸が目撃された
野崎萌香と山本由伸が目撃された

オリックスのエース・山本由伸(23)の快進撃が止まらない。ペナントレースでは球団記録となる15連勝で18勝を挙げ、25年ぶりのリーグ優勝に導いた。史上8人目の投手5冠(最多勝、最優秀防御率、最高勝率、最多奪三振、最多完封)と、沢村賞、MVPも確実と言われている。

その山本の活躍を“見抜いていた”女性がいた。

「スカウトにしたいほどの目利きだ」

球団関係者が半ば本気で感心するのは、今年7月に本誌が目撃した山本のデートのお相手、モデルの野崎萌香(31)である。その日、山本と野崎は友人女性を交え都内のイタリアンレストランで食事をし、山本の宿泊するホテルの客室で日付が変わる頃まで一緒に過ごした。

野崎といえば、『週刊ポスト』が2年前に巨人の菅野智之(32)との「深夜の腕組みデート」をスクープしたが、今年4月に破局が報じられていた。

菅野と破局し、野崎が山本へ“スイッチ”したこの1年間で、野球での2人の評価も逆転した。「腕組みデート」をしていた2019年の菅野は、11勝を挙げて巨人の優勝に貢献。昨年は日本記録となる開幕から13連勝で、最多勝と最高勝率の2冠に輝き、巨人のエースとして2年連続リーグ優勝の原動力となり、MVPに選ばれた。

「しかし、今年は開幕から故障に苦しみ、東京五輪も出場辞退。自身初の4度の登録抹消を経験し、6勝で終わった。チームは阪神とヤクルトとの優勝争いから脱落し、借金1の3位で終わった」(スポーツ紙デスク)

これに対し、山本は2019年も2020年も8勝止まりだったが、今年は球団でも活躍し、東京五輪では開幕戦や韓国戦の先発を託され、侍ジャパンのエースとして金メダル獲得に貢献。この1年で山本はオリックスのエースから日本のエースに成長した。

「野崎さんと山本選手は今も変わらず連絡を取っていると聞いています。良い関係を続けているそうです」(野崎の知人)といい、公私ともに絶好調のようだ。

オリックスと巨人がクライマックスシリーズを勝ち上がっていけば、日本シリーズで山本と菅野の“新旧エース対決”が見られるかもしれない。野崎の“選球眼”、恐るべしである。

※週刊ポスト2021年11月12日号

関連記事
  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走