EXIT兼近、M-1準々決勝進出で「ここ!バチ鬼門!」と意気込み ファンからは「先の景色見せて」「応援ブチかます」とエール

iza
EXIT、兼近大樹
EXIT、兼近大樹

お笑いコンビ、EXITの兼近大樹が4日、ツイッターを更新。この日、12月19日に決勝戦が放送される「M-1グランプリ2021」の東京・3回戦の結果が発表され、準々決勝進出が決まったことを受けて、兼近は意気込みをつづった。

昨年の大会では準々決勝で敗退となったEXIT。公式YouTubeチャンネルで、兼近は「自称お笑いファン、お笑い通ぶったお笑いファンが集まってるじゃないですか。M-1って。本当のお笑い好きじゃないというか。その人たちが意地でも笑わないみたいな顔してました。『こいつらのこんなネタで笑うわけない』みたいな顔で俺らを見ていた」と観客の反応を説明し、「来年は決勝ですよ。目標は」と次回のチャレンジに向けて意欲を示していた。

今大会でも準々決勝進出が決まり、兼近はツイッターを更新して「準々決勝!!!!!わりゃぁーーーーー!!!!!」とハイテンション。しかし、「ここ!バチ鬼門!!!」と表現し、「毎年ここ!!!滑り散らかしてしばらくザイマンイップスとなる準々決勝!!『このネタ準々でヤバかったんで捨てましょう』が口癖になる」と気を引き締めて、「この先の景色見てぇーーーーーー!」と意気込んだ。

このツイートのリプ欄には、ファンから「この先の景色私達にもみせてほしいです!!」「この先の景色 一緒に見られるよう応援ブチかますね!」「去年よりもパワーアップしているから大丈夫 小説も出版したことだしこのままの勢いで乗り切ってほしいな」などのエールが殺到。「自信もって鬼門を突破して、新しい景色見ちゃってください」「この勢いで鬼門も突破だ!!」「鬼門ぶち破って新たなるステージへ!二人ならきっと!絶対に行ける」と鬼門と表現した準々決勝突破に向けて激励するメッセージも多数寄せられた。また、兼近の投稿をきっかけに「先の景色」というワードがトレンドに入るほどの反響を呼んだ。

また、EXITのほか、阿佐ヶ谷姉妹、すゑひろがりず、ハライチ、オズワルド、納言、アインシュタイン、見取り図などの人気者も準々決勝進出が決まった。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに