岡沢、坪井が決勝へ ボクシング男子世界選手権

産経ニュース
ウエルター級準決勝でアブライハン・ジュスポフ(左)を攻める岡沢セオン=ベオグラード(ゲッティ=共同)
ウエルター級準決勝でアブライハン・ジュスポフ(左)を攻める岡沢セオン=ベオグラード(ゲッティ=共同)

ボクシングの男子世界選手権は4日、ベオグラードで準決勝が行われ、東京五輪代表でウエルター級の岡沢セオン(INSPA)が2019年大会3位のアブライハン・ジュスポフ(カザフスタン)、バンタム級の坪井智也(自衛隊)が前回フライ級3位のビヤル・ベンナマ(フランス)をともに判定で破り、銀メダル以上が確定した。

これまで日本選手の決勝進出は11年ミドル級準優勝の村田諒太だけだった。

25歳の岡沢は機敏なフットワークを生かして相手の強打を巧みに防いだ。最終3回にはジャブやストレートなど見栄えのいいクリーンヒットを決め、ジャッジの支持を得た。25歳の坪井は左ジャブで主導権を握り、3回にはフックなどを効果的に当てて快勝した。(共同)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿