上越新幹線で車掌居眠り 発車3分遅れる

産経ニュース

3日夜の上越新幹線で車掌が居眠りし、上毛高原駅(群馬県)からの発車が3分遅れるミスがあったと、JR東日本が発表した。越後湯沢発東京行きのたにがわ414号で、駅に着いたのに車両ドアが開かなかったため、運転士が開閉担当の車掌に電話。予定の1分後にドアを開け、3分遅れの午後7時半ごろ発車した。東京駅には予定時刻通りに到着した。

車掌は30代男性で「駅に着く5分ぐらい前から記憶がない」と話している。JR東日本高崎支社は「ご迷惑をかけおわびします。責任感を持って執務することを指導していきます」とコメントした。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿