米イラン、月末にも間接協議 ライシ政権下で初

産経ニュース
米国務省のプライス報道官(ロイター)
米国務省のプライス報道官(ロイター)

プライス米国務省報道官は3日の記者会見で、イラン核合意再建に向けた当事国会合が29日にウィーンで開催されると明らかにし、現地にマレー・イラン担当特使を派遣すると発表した。米イラン間接協議が月末に再開される見通し。再開されれば6月に中断して以来、約5カ月ぶり。反米保守強硬派ライシ政権下では初めてとなる。

トランプ前米政権が離脱した合意への米国の復帰や対イラン制裁解除、イランの核開発制限などが議題。バイデン米政権と全面的な制裁解除を求めるライシ政権との隔たりは大きく、再開しても交渉は難航しそうだ。

プライス氏は「イランが交渉の準備をし、迅速に誠意を持って協議することを望む」と述べた。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は