京王線刺傷事件「渋谷で大量殺人を計画」も、小田急事件で変更か

産経ニュース
送検される服部恭太容疑者=2日午前、警視庁調布署(佐藤徳昭撮影)
送検される服部恭太容疑者=2日午前、警視庁調布署(佐藤徳昭撮影)

東京都調布市を走行していた京王線特急の乗客刺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された服部恭太容疑者(24)が「最初は渋谷での大量殺人を計画していた」という趣旨の供述をしていることが4日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁調布署捜査本部は8月の小田急線刺傷事件を契機に、服部容疑者が電車内での大量殺人に方針を切り替えたとみている。

捜査関係者によると、服部容疑者は大量殺人を6月ごろに計画。当初は犯行場所に渋谷を選んでいたといい「ハロウィーンで人がたくさんいる中で、刃物を使って大勢を殺すつもりだった」と話しているという。

だが8月、世田谷区を走行中の小田急線車内で男が刃物で乗客10人に重軽傷を負わせる事件が発生。事件を調べた服部容疑者は「逃げ場がない場所の方が確実に殺せる」と電車内での犯行に計画を変えたという。

犯行当日、ハロウィーンでにぎわう渋谷を約30分間うろついていたが、「様子を見たかっただけ」とも説明。渋谷では刃物やライターオイルなどが入ったリュックサックを近くのコインロッカーに預けていた。

滞在していたホテル室内から、空になったライターオイル缶22個が見つかった。計約5リットル分で「上京後に上野の専門店やコンビニなどで買った。刃物で殺せなかったときに、大勢の乗客にかけるため用意した」と供述している。購入したオイルのほとんどをペットボトルに移しかえ、特急内に持ち込んだとみられる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」