坪井決勝へ、銀以上確定 ボクシング男子世界選手権

産経ニュース
バンタム級準決勝でビヤル・ベンナマ(左)を攻める坪井智也=ベオグラード(ゲッティ=共同)
バンタム級準決勝でビヤル・ベンナマ(左)を攻める坪井智也=ベオグラード(ゲッティ=共同)

ボクシングの男子世界選手権は4日、ベオグラードで準決勝が行われ、バンタム級の坪井智也(自衛隊)が前回2019年大会フライ級3位のビヤル・ベンナマ(フランス)を破り、銀メダル以上が確定した。日本選手の決勝進出は11年ミドル級準優勝の村田諒太以来で2人目。

25歳の坪井は左ジャブで主導権を握り、最終3回にはフックなど強打も効果的に当てて快勝した。東京五輪代表でウエルター級の岡沢セオン(INSPA)も前回3位のアブライハン・ジュスポフ(カザフスタン)と対戦する。(共同)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…