阪神・大山、練習試合で先制の適時打

サンスポ
1回、先制の適時打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・中島信生)
1回、先制の適時打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・中島信生)

(練習試合、阪神-三菱自動車倉敷、3日、甲子園)阪神が大山悠輔内野手(26)の適時打で先制した。

一回に2死から相手の失策とマルテの安打で一、二塁。ここで5番の大山が打席に入ると、カウント3―1からの4球目を左前にはじき返した。二走の糸原が生還し、1点を先制。今季、得点圏では打率・205と結果を残せなかったが、この試合最初の好機で快音を残した。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗