ボストン市長に台湾系ウー氏当選 女性初

産経ニュース
支持者らを前に演説するミシェル・ウー氏=2日、米ボストン(AP)
支持者らを前に演説するミシェル・ウー氏=2日、米ボストン(AP)

米東部マサチューセッツ州ボストンの市長選が2日実施され、台湾系2世の市議ミシェル・ウー氏(36)が初当選した。ボストン市長選で女性が当選するのは史上初で、非白人の当選も初。任期は4年。市長選は女性候補同士の対決となった。

ウー氏はハーバード大法科大学院出身の弁護士で、2014年からアジア系初の市議。選挙戦では左派系の主張が目立ち、公共交通機関の無料化や家賃制限、野心的な気候変動対策を訴えた。

対立候補だった女性市議アニサ・エサイビジョージ氏(47)はチュニジア系の父とポーランド系の母を持つ移民2世。9月の予備選では主要4候補全員が民主党系で非白人の女性だった。

ウォルシュ前市長が3月、バイデン政権の労働長官就任に伴って辞任し、黒人女性の市議会議長キム・ジェイニー氏が後継に就任していた。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は