阪神・大山先制打「いい形でCSに」スタメン奪取へ復活アピール

サンスポ
1回、先制の適時打を放つ阪神・大山悠輔=甲子園球場(撮影・中島信生)
1回、先制の適時打を放つ阪神・大山悠輔=甲子園球場(撮影・中島信生)

(練習試合、阪神4ー2三菱自動車倉敷オーシャンズ=特別ルール、3日、甲子園)CSを前に、悩んでいた虎の主砲に少しだけ笑顔が戻った。「5番・三塁」で先発出場した大山が一回、先制の左前適時打を放って、存在感を示した。

「こういった試合もなかなかする機会がないので、いい形でCSに臨めるようにしっかり準備していきたい」

一塁ベース上で安堵(あんど)の表情を浮かべた。一回、2死から敵失とマルテの右前打で一、三塁の先制機。三菱自動車倉敷の右腕・彦坂の140キロの直球をフルスイングでとらえると、打球はライナーで左前へ。格の違いをみせつけると、三回には四球を選び、2打席2出塁で五回の守備から交代した。

社会人チーム相手の練習試合といえども、大山にとっては単なる調整の場ではなかった。前日2日、打撃練習で快音を連発していた大山に、矢野監督は「練習と試合は別。(スタメンは)与えるというところじゃない。奪い取っていくしかないんじゃないの」と厳しい言葉を並べていた。

神妙に受け入れるしかなかった。シーズン終盤は不振でスタメンを外れることも。替わって三塁には糸原が入り、二塁には打撃の調子を上げてきた木浪…。大山は悔しさをにじませたが、反論できる材料がなかった。

いくら練習で打ってもダメ。大山がこの日チームで唯一の適時打を放ってアピールすれば、途中出場した木浪も内野安打を放った。

大山には開幕4番を任された意地とプライドがある。4日は大和高田クラブ(甲子園)、5日にはNTT西日本(鳴尾浜)との練習試合が予定されている。「底」は脱した-。調子を上げてきた虎の大砲のCSスタメンへ向けたデモンストレーションは続く。(三木建次)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人