阪神・大山、悔し涙をうれし涙に 3日から練習試合、4番奪い返して日本一も奪う

サンスポ
打撃練習を行う大山。レギュラーシーズンの悔しさをCSにぶつける(撮影・河田一成)
打撃練習を行う大山。レギュラーシーズンの悔しさをCSにぶつける(撮影・河田一成)

阪神・大山悠輔内野手(26)が2日、甲子園での全体練習に参加。6日に開幕するクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(対巨人、甲子園)に向けて決意を新たにした。10月26日の今季最終戦(対中日、甲子園)では悔し涙を流した主将。CSで出番を勝ち取るため、3日からの社会人チームとの練習試合でアピールする。

巨人との短期決戦を待つ甲子園に快音が響いた。もう悔し涙は流したくない。必ずやり返す-。大山が熱い思いを吐露した。

「自分やチームも今シーズンは悔しい思いをしましたが、クライマックスシリーズ、日本シリーズと、まだチャンスはあるので、チーム一丸となって頑張りたい」

矢野監督らが見守る中での打撃練習。北川打撃コーチがスマートフォンでケージの裏や背後など、スイングチェックをするためにあらゆる角度から大山の打撃フォームを撮影した。ロングティーでは、全身を使って白球をスタンドにほうり込んだ。

V逸が決定した夜のことは決して忘れない。レギュラーシーズン最終戦の10月26日の中日戦(甲子園)。大山は「5番・三塁」で4試合ぶりに先発出場したが、九回に遊ゴロに倒れて最後の打者になった。チームは完封負け。ひと足先にヤクルトが広島に勝利し、この瞬間、虎のV逸が決まった。

試合後、大山はファンへのあいさつで整列した際、こみあげてくる涙を抑えきれなかった。主将に就任して1年目。「チームの優勝のために貢献したい」と意気込んで臨んだシーズンだったが、打率・260、21本塁打、71打点。4番として結果を残せず、終盤はスタメンを外れることも。その悔しさをCSでぶつけたい。そんな思いだった。

矢野監督は大山に大きな期待を寄せているからこそ、「打撃練習では、いい感じで打てている。実戦をやって、そのままやっていける(打てる)か。それ(涙)をパワーに変えて、自分自身成長していけるのか。(スタメンを)与えるというところじゃないと思うんでね。奪い取っていくしかないんじゃないの」と厳しい言葉を並べた。3日からの練習試合でスタメンをつかみ取れ-というメッセージだった。

下克上での日本一へ。今度こそチームに貢献する。大山が悔し涙をうれし涙に変える。(三木建次)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」