NY株最高値、138ドル高 米大手企業の好決算発表で

産経ニュース
米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比138・79ドル高の3万6052・63ドルと3営業日連続で過去最高値を更新して取引を終えた。米大手企業の好決算の発表が続いていることから、米景気の先行きに対する楽観的な見方が広がり、買い注文が優勢となった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、53・68ポイント高の1万5649・60と過去最高値を更新。幅広い銘柄のSP500種株価指数も16・98ポイント高の4630・65と、最高値で終えた。

景気に敏感とされる銘柄を中心に買いが入った。ただ、米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を3日に控えて様子見ムードも強く、上値は重かった。

個別銘柄では、通信機器のシスコシステムズや医薬品のアムジェンの上昇が目立った。一方、クレジットカードのビザは売られた。(共同)

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」