100カ国超が森林保護へ共同宣言 COP26で

産経ニュース
COP26で演説するジョンソン英首相=2日、グラスゴー(AP)
COP26で演説するジョンソン英首相=2日、グラスゴー(AP)

英国で開催中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に参加した首脳らが2日、温室効果ガスの吸収源となる森林の減少を2030年までに食い止めるとの共同宣言を発表した。日本を含め、世界の森林の8割以上を抱える100カ国超が参加した。

森林は地球温暖化の抑制のほか、高潮や海岸浸食といった自然災害の軽減、豊かな生態系を支えるなどの役割を担う。

宣言では、各国が森林や生態系の保護を進めるほか、開発・農業政策を通じて持続可能な利用を図るとした。また官民の投資の重要性も強調。こうした取り組みは「世界の気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑える」としたパリ協定の目標達成に不可欠で、さらに取り組みを加速させる必要があると指摘した。

また12カ国が、途上国での森林火災対策や荒廃した土地の回復などのため、25年までに120億ドル(約1兆4000億円)を提供すると表明した。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」