「仕事を辞めたい!」と思った理由、「給与」を抑えた1位は?

ITメディア
 仕事を辞めたい理由(出典:リリース)
仕事を辞めたい理由(出典:リリース)

10~60代のビジネスパーソンに聞いた「仕事を辞めたいと思った理由」1位は「人間関係」――。そんな結果が、スタッフサービス・ホールディングス(東京都千代田区)が行った調査で分かった。

働く世代を16~25歳の「Z世代」、26~40歳の「ミレニアル世代」、41~50歳の「就職氷河期世代」、51~60歳の「バブル期世代」に分け、仕事にまつわる調査を実施した。

■世代別ではZ世代のみ「給与」が1位

仕事を辞めたい理由について、全世代で「人間関係」が35.0%で1位。次いで「給与」が23.3%で2位、「仕事量」が21.8%で3位となった。世代別の結果で、Z世代のみ「給与」がトップ。「残業代が正当に出されていないとき」「給与明細を見たとき」に辞めたいと思うようだ。

ミレニアル世代は「人間関係」に加え、「仕事量」や「労働時間」が上位にランクイン。回答者からは「残業が多すぎる」「休日出勤で電車に乗るとガランとしていたとき」といったコメントが寄せられた。

就職氷河期世代は、「人間関係」のスコアが4世代の中で最も高い。「先輩が仕事を押し付けて全く働かない」「上司との見解の不一致に対して、トップダウンで押し切ってきた」などのコメントからも、人間関係のストレスが大きいと推察される。

バブル期世代は、「評価・人事」が2位であることから、出世争いなどが気になっていると考えられる。回答者からは「出世を閉ざされた」「仕事ができる人のほうが給与が安くなる給与体制」などのコメントがあった。

■働きたい職場の条件は全世代で「給与が高い」が1位

働きたい職場の条件は、どの世代でも「給与が高い」が1位だった。Z世代とミレニアル世代では「有給が取りやすい」が2位となり、プライベートを大切にしながら働きたい様子がうかがえる結果に。就職氷河期世代、バブル期世代は「人間関係が良い」が2位となった。

■「なぜ?」「どうして?」職場の謎のルールやしきたり

職場に存在する「謎のルールやしきたり」について聞いたところ、バブル期世代から「創業者宅へ賞与の御礼」「チェックシートの無限スパイラル」「謎のかけ声『ピシャリ』」などが挙げられた。

「創業者宅へ賞与の御礼」とは、賞与が支給される際に、創業者の自宅に出向きお礼を伝えること。「チェックシートの無限スパイラル」は書類や美品が紛失するたびにチェックシートが増えていき、やがてそのチェックシートがきちんと作成、保管されているかのチェックシートが作れていく……という状態。「謎のかけ声『ピシャリ』」とは、お金を数える際、枚数や金額が合うたびに「ピシャリ」と言うルール、のようだ。

その他、「社員同士、すれ違うときは止まって敬礼する」(氷河期世代、福祉関連業)、「毎朝、雨でも外でラジオ体操」(氷河期世代、卸売・小売業)、「社員食堂にはサラダバーしかない」(バブル期世代、医療関係業)といった回答もあった。

調査は9月11~13日の期間、各世代1000人ずつ計4000人を対象にインターネット上で実施した。

関連記事
  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は