嵐が307日ぶりに復活 ライブ映画初日迎え、松潤「長く愛される映画に」

サンスポ
ライブ映画「ARASHI Anniversary Tour5×20 FILM “Record of Memories”」の先行上映初日舞台あいさつに出席した左から相葉雅紀、松本潤、二宮和也、櫻井翔=東京・有楽町
ライブ映画「ARASHI Anniversary Tour5×20 FILM “Record of Memories”」の先行上映初日舞台あいさつに出席した左から相葉雅紀、松本潤、二宮和也、櫻井翔=東京・有楽町

国民的アイドルグループの嵐がCDデビュー記念日の11月3日、昨年大みそかに開催した無観客生配信ライブ以来307日ぶりに〝復活〟した。

東京・丸の内ピカデリーで行われた自身初のライブ映画「ARASHI Anniversary Tour5×20 FILM “Record of Memories”」(堤幸彦監督)の先行上映初日舞台あいさつに相葉雅紀(38)、松本潤(38)、二宮和也(38)、櫻井翔(39)が登壇。活動休止中のリーダー・大野智(40)はメンバーに託した手紙でコメントを寄せ、5人が〝集結〟した。

本編上映後に大野を除く4人がサプライズで登場。観客は、まさかの事態に歓声を抑えることができず、涙する姿も。櫻井は「喜んでいただけるか不安だったけど、よかった」と安堵した。

グループとしては昨年末の無観客生配信ライブを最後に活動休止中。観客の前に登場するのは、2019年大みそかから20年元日にかけて開催された「ジャニーズカウントダウン」以来約1年11カ月ぶりとなった。

1週間前には5人で集まって飲んだといい、二宮は大野について「生きてましたよ」とファンに報告。映画は、20周年ツアー終盤の19年12月23日に5万2000人を動員して東京ドームで撮影され、相葉は「記録に残るっていいよね」としみじみと当時を振り返った。

自身の誕生日でもある今月26日に全国公開を控える大野は「ファンの皆さんの思いがこもった映画になっているので、見ていただけたら」とコメント。最後は客席をバックにスマートフォンで記念撮影し、松本は「たくさんの人や嵐ファンに長く愛される映画になれば」と願いを込めた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は