立民代表選、大串博志氏が立候補検討「仲間と相談」

産経ニュース

立憲民主党の大串博志衆院議員(佐賀2区)は3日、枝野幸男代表の辞意表明を受けて実施される代表選への立候補を検討していることを明らかにした。佐賀市内であった党会合終了後、記者団に「仲間と相談しながら検討する」と述べた。

今後の党運営に関し「一定の責任を負わなければならない。責務を認識して動かなければならない」と強調。複数の同僚議員から立候補を促されているとも述べた。

大串氏は平成17年に初当選し、当選6回。民進党では政調会長を務めた。旧希望の党に所属していた29年には、共同代表選にも出馬した。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走