東京国際映画祭で〝つば九郎節〟全開! なりたい役は「にほんいちになるやく」

サンスポ
東京国際映画祭に「つば九郎刑事」の格好に扮して登場したつば九郎=東京・千代田区
東京国際映画祭に「つば九郎刑事」の格好に扮して登場したつば九郎=東京・千代田区

ヤクルトの球団公式マスコット、つば九郎が3日、東京・千代田区の東京ミッドタウン日比谷で行われている「第34回東京国際映画祭」に登場した。

球団のオフィシャルスポンサーであるアイム・ユニバースが同映画祭に協賛していることにより実現したイベントで、2019年に製作された配信ドラマ「つばめ刑事」の無料上映会を開催。300席の観覧席では収まらず、周辺に多くのファンが詰めかけた。

上映前に行われた筆談ショーでは、〝つば九郎節〟が全開。神宮の主催試合でスタジアムDJを務める司会のパトリック・ユウからドラマの見どころをを聞かれ、「やまだくんのせりふがぼうよみ」と山田の〝大根役者〟ぶりをいじると、会場では笑いが起こった。

その後、「やってみたい役」を聞かれ、「にほんいちになるやく」と6年ぶり8度目のリーグ制覇を決めたチームに20年ぶりの日本一へ向けたエールともとれる回答を披露。ただ、優勝決定後に連敗しただけに「ちーむがさいきんよわい」とクギを刺すことも忘れなかった。

その後は、子供からの質問や観覧席のお客さんからの質問にも答えた。試合中、五回終了時に行われる「空中くるりんぱ」についてクライマックスシリーズでの成功の可能性を問われると「ない!!とまなかさんもいっています」と回答。「その立派なおなかには何が詰まっているんですか?」との質問には「ゆめときぼう」と答え、その後質問者の女性から「結婚してください」と懇願されると「いいよ!」とあっさり結婚をOKした。

その後は、「つばめ刑事」の3話が上映され、グッズが当たる抽選会なども開催された。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは