富士通が2連覇 東日本実業団対抗駅伝

産経ニュース

東日本実業団対抗駅伝は3日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場および公園内特設周回コースの7区間、76・4キロで行われ、富士通が3時間40分4秒で2年連続4度目の優勝を果たした。1秒差の2位でたすきを受けた最終7区の横手健が残り約1キロでホンダの設楽悠太をかわした。

ホンダが8秒差の2位となり、さらに5秒遅れで日立物流が3位だった。12位までが来年1月1日の全日本大会(群馬)の出場権を獲得した。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、昨年に続いて公道ではなく公園内のコースで開催された。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」