岩手、新潟、沖縄で代表校決まる 春高バレー

産経ニュース
2年ぶりに全国切符をつかみ、喜ぶ盛岡誠桜の選手たち=3日、盛岡市のタカヤアリーナ(石田征広撮影)
2年ぶりに全国切符をつかみ、喜ぶ盛岡誠桜の選手たち=3日、盛岡市のタカヤアリーナ(石田征広撮影)

「春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)の地方大会は3日、岩手、新潟、沖縄の3県で決勝が行われ、岩手は男子が一関修紅、女子は盛岡誠桜、新潟は男子が東京学館新潟、女子は長岡商、沖縄は男子が美里工、女子は首里がそれぞれ全国切符を手にした。

本大会は東京体育館(東京都渋谷区)で来年1月5日に開幕し、9日に男女の決勝を実施。新型コロナウイルスの感染予防策として無観客で行われる。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」