元NHK人気女性アナウンサー 生活用品メーカー広報になっていた

ポストセブン
毒蝮三太夫は永六輔さんのラジオ番組で中継コーナーを担当(イメージ)
毒蝮三太夫は永六輔さんのラジオ番組で中継コーナーを担当(イメージ)

今年9月初め、フジテレビの昼の報道番組に、大手生活用品メーカーの広報として登場した女性がネットをざわつかせた。「NHKの橋詰彩季アナ(28)じゃないか」──。

橋詰アナは、お茶の水女子大学卒業後、2015年にNHKに入局。その後名古屋放送局のアナウンサーとして活動していた。だが今年4月、突如同局の公式ホームページから彼女の名前が削除されていたのだ。事情を知るNHK関係者が語る。

「今年3月末に結婚を機に退職されたと聞いています。橋詰アナは、ハキハキとした語り口と真面目な性格で地元局員からの信頼も厚かった。名古屋では、『おはよう東海』のMCを務めていましたが、全国放送の『あさイチ』ではナビゲーターを務めたり、『ニュースウオッチ9』ではフィールドキャスターとして登場したことも。そのたびに『あの美女は誰?』と話題になり、今後は全国区での活躍が期待されていた」

冒頭の映像を見たこのNHK関係者は言う。

「マスク着用の上、結婚のためか苗字も変わっていましたが、目元と、堂々とした商品の解説ぶりを聞いて本人だと確信しました。まさか民間企業に転職していたとは」

同社に橋詰アナの在籍について確認したところ、「回答は控えさせていただきます」と答え、NHKは「退職した職員に関することはお答えしていません」とのことだった。

NHKでは、同じく今年3月末に退社した近江友里恵アナ(33)も、大手不動産会社に転職したと報じられた。なぜNHKの女性アナは、退職後に他局の女性アナのようにフリーにならず、企業への転職を選ぶのか。

「NHKは他局に比べ職種間の異動が難しいと言われている。そのため女性アナたちは、30歳前後で『一生アナウンサーをやっていくかどうか』を考えるようになる。しかも民放のように知名度があるアナが少ないので、フリーになるのは難しい。それで民間企業への転職を決意するのでは」(女子アナウォッチャー)

NHK女性アナウンサーの“流出”は今後も続くか。

※週刊ポスト2021年11月12日号

関連記事
  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは