ルーマニアが米製小型原子炉導入 中国メーカーとの協定破棄

産経ニュース
2日、英グラスゴーで記者会見するバイデン米大統領(AP)
2日、英グラスゴーで記者会見するバイデン米大統領(AP)

【グラスゴー(英北部)=塩原永久】バイデン米政権は2日、ルーマニア政府と協力し、同国に次世代原子炉である「小型モジュール炉(SMR)」を導入する計画を進めると発表した。海外で米国製の導入実績を作り、SMR開発の国際競争で先行する狙いだ。米政権は2050年の脱炭素化に向けた長期戦略で、原発を有力な温室効果ガスの無排出電源と位置づけ、導入を増やすシナリオも示した。

米政権が英グラスゴーの国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に合わせ、温暖化対策の一環として明らかにした。

ルーマニアが導入予定のSMRは米ニュースケール・パワー製の12基。米国とルーマニアで当初6千人規模の雇用創出が見込まれるとしている。米政府が発表した文書は「SMRの導入が電力部門の脱炭素化に重要な貢献をする」とした。

欧州で中国資本への警戒が強まる中、ルーマニアは昨年、原子炉導入で中国メーカーとの協定を破棄していた。中国は途上国への原発輸出に力を入れていた。

米国は50年に温室効果ガス排出の実質ゼロを実現するため、同年までの包括的な施策をまとめた長期戦略を1日公表した。その過程で電力部門を35年までに脱炭素化する目標だ。

長期戦略は、原子力発電をめぐり「既存原発の稼働を維持し、30年代から40年代に(電源構成比を)増やす可能性がある」と明記した。50年に向けて導入比率がもっとも増えるのは、太陽光や風力による再生可能エネルギーとした。二酸化炭素(CO2)を取り出して地下に埋める「CCS」も積極的に活用する。

原子力に関しては、SMRの開発に積極的に投資する方針を打ち出している。

SMRをめぐっては、フランスのマクロン大統領が先月中旬、原子力産業への投資を増強し、SMR開発を目指すと表明した。

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか