大失速の巨人 チーム内に物言えぬ空気を生み出した原監督の責任は

ポストセブン
原辰徳監督は続投か?それとも…(時事通信フォト)
原辰徳監督は続投か?それとも…(時事通信フォト)

シーズン終盤に大失速し3連覇が消えた巨人。原辰徳監督の采配は批判にさらされることとなった──。今季、原監督はシーズン中にコーチの配置換えを3回も行なっている。「コーチにファームを勉強させたいという意図があった」(巨人番記者)という見方もあるが、元V9戦士でヤクルト、西武の監督として日本一を3回経験している広岡達朗氏は苦言を呈する。

「監督になった以上、コーチを育てる義務がある。原監督の就任した時に“永久に監督ができるわけではないんだから、いいコーチ、後継者を育てて勇退しろよ”と電話した。“分かりました”と言っていたが、できているか疑問だね」

シーズン終盤には阿部慎之助二軍監督が一軍作戦コーチに異動した代わりに石井琢朗一軍野手総合コーチが三軍コーチに降格している。チームはその後、球団史上4度目の10連敗と長いトンネルに突入する。第2次長嶋政権で一軍打撃コーチ、2012年から2015年までDeNAの監督を務めた中畑清氏は、この異動でさらに現場が混乱したのではないかと言う。

「(元木)大介がヘッドコーチで、慎之助が作戦コーチでベンチに入ったけど、これで作戦を立てる人が2人になってしまったし、慎之助の存在感が伝わってこなかった」

シーズン中に目立ったのは、原監督が打撃コーチを差し置いて、不振に陥った岡本、丸佳浩らに指導する姿だった。広岡氏は言う。

「打撃コーチが自分の意見を言えない。V9時代、ワンちゃん(王貞治)に川上(哲治)監督が指導でもしようものなら、荒さん(荒川博)は“オレがバッティングコーチだ”と怒鳴った」

だがコーチにとって人事権を有する「全権監督」の原監督は上司であり、雇用主のような存在だ。これまでの原政権では清武英利GMが年長の伊原春樹氏をヘッドコーチとして登用し、原監督に物言う姿がたびたび報じられてきた。今では監督にコーチが進言する姿は見られない。

「元木の存在感がまったくない。もう少し暴れるかと思ったが、原監督にも選手にも“いい人”になってしまっていた。桑田と手を組んで、選手とケンカするぐらいに檄を飛ばせないとチームは強くならない」(V9戦士の黒江透修氏)

チーム内に物言えぬ空気を生み出した原監督だが、シーズン終了前に来季の続投を巨人・山口寿一オーナーが発表した。元木、阿部両コーチも留任で、来季以降も原監督の「全権体制」は変わらないと見られる。広岡氏は球団の決断に警鐘を鳴らす。

「山口オーナーは経営のプロでも野球は素人。野球はGMが戦力を整えて監督が結果を出せなければ監督がクビ、戦力を整えられずに負けたらGMの責任。今年はFAや新外国人も外れて結果もダメだったんだから(原監督は)クビじゃないの?

いまの原巨人の最大の問題は責任が誰にあるかが分からないこと。コーチは監督の顔色ばかり窺って、負けたら監督の責任という雰囲気で、対する原監督はコーチや選手の責任といわんばかりに二軍や三軍に飛ばしてしまう。そんな原監督を野球を知らないオーナーが擁護している。巨人はそんなチームじゃなかった」

第2次長嶋政権で一軍打撃コーチ、2012年から2015年までDeNAの監督を務めた中畑清氏は「全権監督」という立場の難しさをこう語る。

「全権監督が責任をとるということは辞めるということだろうね。そして、それを決められるのは辰ちゃん自身だけ。だからその判断はすごく重い。オレにはできない」

11月6日から始まるクライマックスシリーズを勝ち抜けば、逆転日本一の可能性は残っている。狂った歯車を元に戻す最後の機会だ。

「3位というのは一番開き直れる順位なので、捨て身でいける。短期決戦で若い選手をうまく使って下克上ができれば、来季につながる可能性はあるよね」(中畑氏)

常勝球団復活のために原監督に与えられた絶大な権限が巨人を自縄自縛に追い込んでいる。

※週刊ポスト2021年11月12日号

関連記事
  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走