阪神・藤浪2点リードの九回に登板 1回無失点2奪三振

サンスポ
9回に登板した、阪神・藤浪晋太郎=西宮市・甲子園球場(撮影・林俊志)
9回に登板した、阪神・藤浪晋太郎=西宮市・甲子園球場(撮影・林俊志)

(練習試合、阪神-三菱自動車倉敷、3日、甲子園)阪神・藤浪晋太郎投手(27)が4―2の九回に登板。先頭を二直に打ち取ると、2者連続で空振り三振に斬り、無失点に抑えた。

今季、藤浪は自身初の開幕投手を務めたが、成績が振るわず中盤から中継ぎへと配置転換。9月10日に登録抹消されて以降は2軍で調整していた。三者凡退で抑え、クライマックスシリーズに向けてアピールした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故