岡田准一、V6ラストライブ後は松潤からもらったワイン飲みながら「眠れない夜を過ごした」

サンスポ
岡田はV6に思いをはせながら、ソロとして新たなスタートを切った=東京・六本木(撮影・蔵賢斗)
岡田はV6に思いをはせながら、ソロとして新たなスタートを切った=東京・六本木(撮影・蔵賢斗)
記念写真におさまる(左から)山田涼介、岡田准一、鈴木亮平、原田真人監督=2日、東京都港区(撮影・蔵賢斗)
記念写真におさまる(左から)山田涼介、岡田准一、鈴木亮平、原田真人監督=2日、東京都港区(撮影・蔵賢斗)

1日に解散したV6の元メンバーで俳優、岡田准一(40)が2日、東京都内で行われた主演映画「燃えよ剣」(原田眞人監督)の舞台あいさつに出席した。先輩タレント、中居正広(49)から贈られた特注の革靴を履いて登壇。嵐・松本潤(38)からはV6のCDデビューと同じ1995年産ワインをもらい、「昨日は飲みながら眠れない夜を過ごした」とラストライブ後の様子を振り返った。

ジャニーズ史に残る感動のV6ラストライブから一夜明け、岡田が早くもソロとして始動した。

終演から約16時間後の2日午後1時、晴れやかな表情で登場。イベント冒頭で自らグループ解散後の心境を語り出した。

「昨日、V6という長い間やってきた活動が終わる中で公開された大事な作品。たくさんの方に見ていただいて、うれしいです」

映画は作家、司馬遼太郎が幕末の浪士隊、新選組の生き方を描いた名作小説を実写化。岡田は副長の土方歳三を演じた。

1日に千葉・幕張イベントホールで行われたライブにはTOKIOやKinKi Kids、関ジャニ∞ら多くの同志が駆けつけた。その中の一人である嵐・松本からは、V6のデビュー年と同じ1995年産ワインを贈られたことを告白。昨晩はライブの興奮が残っており、「松潤のワインを飲んで眠れない夜を過ごした。今朝は変わらない日常を送ろうとトレーニングしたので、今は眠いです」と苦笑した。

独り立ちした自身を支えてくれる〝存在〟も告白。この日、履いてきた茶色の革靴は数日前に先輩の中居からV6メンバー全員に届いた特注品で、「『V6』と『OKADA』と刻まれている」といとおしそうに足元を見つめた。

イベントには新選組局長・近藤勇を演じた鈴木亮平(38)と、一番隊組長・沖田総司に扮したHey!Say!JUMP・山田涼介(28)も参加。鈴木は「子供の頃からV6の岡田さんを見てきて、男として、俳優としても大きな背中だと思った」と絶賛。山田は「俳優としての岡田さんには一生追いつくことはない」と偉大な先輩に敬意を表した。

土方は幼少期に「バラガキ(乱暴者、無鉄砲)」と呼ばれた。その人物を体現した岡田は「昨日まではバラガキ5人と一緒に過ごしていた」とニヤリ。〝V6組〟としての活動を終え、ソロの夜明けを実感していた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病