春高バレー岩手代表 男子は一関修紅、女子は盛岡誠桜

産経ニュース
【一関修紅-不来方】第1セット、得意の時間差攻撃を決める一関修紅のエース細川渉夢④
【一関修紅-不来方】第1セット、得意の時間差攻撃を決める一関修紅のエース細川渉夢④

「春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会の出場権をかけた岩手県予選会は3日、盛岡市のタカヤアリーナで男女の決勝戦が行われ、男子は一関修紅が不来方を破り、3年ぶり13度目の全国大会出場を決めた。女子は盛岡誠桜が一関修紅を下し、2年ぶり26度目の全国切符を手にした。全国大会は来年1月5日、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕する。

男子の一関修紅は、粘る不来方をフルセットの末に振り切った。エース細川渉夢(3年)の時間差攻撃と横山魁(2年)の速攻やブロック、北條喬介主将(3年)の巧打、村塚拳悟(同)と中沢歩夢(2年)の強打が随所で決まった。

目標は全国8強。高橋昇禎監督は「勝ち切ったことが大きい。サーブを強化したい」と課題を挙げ、北條主将は「コンビバレーを進化させたい」と話した。

女子の盛岡誠桜は、熊谷真伶主将(2年)と笹渡美海(同)の攻撃が光った。佐々木万莉奈(同)と笈口絢乃(1年)の巧打に加え、柿木唯那(同)の攻撃も効果的で、第3セットは8点差から逆転し、ストレート勝ちで一関修紅を退けた。

村田基監督は「選手たちがやるべきことをきっちりやってくれた」と振り返り、熊谷主将は「全国大会で2、3勝できるチームにしていきたい」と語った。

▷男子決勝

一関修紅 3 25-18 2  不来方

25-19

23-25

22-25

15- 7

▷女子決勝

盛岡誠桜 3 25-19 0 一関修紅

25-23

27-25


  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は