水森かおり、最新ソング「鳴子峡」のご当地でミニステージ

サンスポ
宮城・大崎市の大崎市民会館 大ホールでミニステージで熱唱する水森かおり
宮城・大崎市の大崎市民会館 大ホールでミニステージで熱唱する水森かおり
その他の写真を見る (1/4枚)

演歌歌手、水森かおり(48)が3日、ロングヒット中の最新ご当地ソング「鳴子峡」の舞台である宮城県大崎市を訪問。大崎市民会館で開催された「大崎市誕生15周年記念式典」でミニステージを披露。「鳴子峡」など3曲を熱唱した。

同曲を通じて4月に同市から「おおさき宝大使」に任命された水森。全国屈指の紅葉の名所として知られる「鳴子峡」は現在がまさに今年の紅葉のピークで、「何度でも来たくなるような町ですね。今度は『鳴子峡』を歌いながら鳴子温泉につかってみたい」とにっこり。年末が近づき、昨年で18年連続出場中の「NHK紅白歌合戦」へも「『鳴子峡』をさらに大きなヒットにして19回目を目指して頑張っていきたい」と力を込めた。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿