欧州議会代表団、台湾とサイバー対策で意見交換 行政院長と会談

産経ニュース
台湾を訪問したEU欧州議会のラファエル・グリュックスマン議員(左)と会談する蘇貞昌行政院長=3日、台北(中央通信社=共同)
台湾を訪問したEU欧州議会のラファエル・グリュックスマン議員(左)と会談する蘇貞昌行政院長=3日、台北(中央通信社=共同)

【台北=矢板明夫】欧州連合(EU)欧州議会のグリュックスマン議員(フランス選出)を団長とする代表団が3日、台湾を訪問し、蘇貞昌行政院長(首相に相当)と会談した。5日まで滞在し、蔡英文総統やデジタル担当閣僚のオードリー・タン(唐鳳)氏らとも会談。サイバー攻撃やフェイク(偽)ニュース対策などについて意見交換する。

台湾の外交部(外務省)によると、欧州議会の代表団の訪台は初めて。代表団はリトアニア、フランス、チェコ、ギリシャ、イタリア、オーストリアの6カ国選出の計7人。グリュックスマン氏は対中強硬派で、新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害を批判し、中国の制裁対象となっている。

グリュックスマン氏は蘇氏との会談で、中国による台湾への干渉を念頭に「EUは今、外国勢力の干渉に直面しており、台湾の経験を学びたい」と述べた。蘇氏は「台湾は自由民主主義の第一線にあり、偽ニュース対策の経験は豊富だ」と応じた。

代表団は4日に蔡氏と会談の予定。蔡政権は中国の統一攻勢に対抗するため日米に加え欧州とも接近。一方、欧州議会は10月20日、EUに台湾との関係強化を求める文書を採択した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は