阪神D2位の創価大・鈴木、五回途中6四球5失点で降板

サンスポ

関東地区大学野球選手権2日(2日)、神奈川大(神奈川大学1位)9-7創価大(東京新大学2位) 2回戦 横浜

創価大は阪神からドラフト2位指名された鈴木勇斗投手(4年)が先発したが、4回0/3を6安打6四球、5失点で降板。チームも敗れて大学最後の登板となった。

「チームや同級生であったり、監督さんであったり、勝たせてあげたかったという気持ちが強かった。自分の責任で負けてしまったので、本当に申し訳ないという気持ちが強いです」

一回から制球に苦しんで3四球で2死満塁。なんとか無失点で切り抜けたが、二回は2四球で2死二、三塁とされ、適時打を浴びた。その後、味方の失策も絡んで、この回4失点を喫した。

四回にも適時打を許して1失点。五回先頭に6個目の四球を与えたところでマウンドを降りた。

これが大学ラスト登板。「次のステージがある。こういうピッチングをもうしないように頑張っていきたいです」とこの悔しさを糧にする。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判