吉祥寺の道路陥没にネット民はドラマ連想「日本沈没させる気か?」「やはり1年以内に関東沈没」「小栗旬に教えなきゃ」

iza
東京・吉祥寺の繁華街で工事現場脇の道路が陥没し、ごみ収集車が転落した=2日午前、東京都武蔵野市(桐原正道撮影)
東京・吉祥寺の繁華街で工事現場脇の道路が陥没し、ごみ収集車が転落した=2日午前、東京都武蔵野市(桐原正道撮影)

2日午前、東京都武蔵野市吉祥寺本町で陥没した道路にごみ収集車がはまったとのニュースを受け、ネットでは「やはり1年以内に関東は沈没しそうですね」などと、TBS系連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」を連想するユーザーが相次いだ。

産経ニュースによると2日午前5時50分ごろ、東急百貨店吉祥寺店の北側で道路が陥没し、ごみ収集車が穴にはまったと運転手の男性から110番通報があった。運転手が走行中に違和感を覚え、降車したところ、道路が崩れ後輪側から沈んでいったという。穴は横幅3メートル、縦4~5メートル。隣に工事現場があったという。男性2人が作業していたが避難し、けが人はいないという。

このニュースを受け、ツイッターのトレンドでは「道路陥没」が急上昇。穴の大きさや収集車の“はまり具合”に衝撃を受けたユーザーが多いようで、関東沈没をテーマに描いた小栗旬主演のドラマ「日本沈没」を連想したネット民から「日本沈没させる気か?」「やはり1年以内に関東は沈没しそうですね」「東京陥没って映画できそうな」などのコメントが相次いだ。ほかにも、同ドラマで関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介博士(香川照之)が慌てふためく画像を添付して「吉祥寺沈没?!」と書き込む人や、田所の沈没説を支持する環境省の天海啓示役を演じる小栗を引き合いに「小栗旬に教えなきゃw」とのコメントも。

規模の大きさに「写真が衝撃的」「地震のせいかなあ」「はまったってレベルじゃねえぞ」と仰天する人や、「けが人でなくて良かった」と胸をなでおろす人も。現場に居合わせたユーザーから「吉祥寺陥没現場、報道ヘリが2機。現場は報道カメラが沢山居る!!」などの報告も多数投稿されていた。

昨年10月には東京都調布市で陥没事故が起きていることから、「都心も地震や豪雨で地下の土が大分柔くなって来てるのかね? 配送中に嵌ったら絶望感しかないわ」「うーむ。落とし穴時々見かけるようになったの正直ショック。日本の技術力って、もっと高いと思ってた」の声や、「オケラの仕業だろうな」とボケる?人も。なかには「俺が もしドライバーだったら、『道路 壊しちゃって すいません』って言っちゃうな」といった大喜利のようなコメントも見受けられた。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿