「就職先を反対された」 夫婦殺害容疑の長男 京都

産経ニュース
京都府警本部=京都市
京都府警本部=京都市

京都市の夫婦殺害事件で、逮捕された長男の無職、松井公宏容疑者(36)が「就職予定だった仕事について両親から反対されていた」と供述していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警は動機につながる可能性もあるとみて、経緯を慎重に調べている。

府警によると、殺害されたのは松井容疑者の父、晋也さん(66)と母、倫代さん(61)。司法解剖の結果、死因は晋也さんが肺や心臓の周辺に血液がたまる左右胸腔内出血と心囊(しんのう)内出血、倫代さんは出血性ショックと判明。2人とも胸など複数箇所を刺されていた。

2人は10月31日午後4時ごろ、就職についての話をするため、京都市山科区の松井容疑者宅を訪問。2人が亡くなったのも同じ時間帯と推定され、訪問直後に殺害されたとみられる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」