東映元社長・高岩淡さん死去 めい・檀ふみ「骨の随まで映画人」 岩下志麻「心の温かい方でした」

サンスポ
2003年の第26回日本アカデミー賞で同席した高岩淡さん(右)とめいの檀ふみ
2003年の第26回日本アカデミー賞で同席した高岩淡さん(右)とめいの檀ふみ

東映元社長で日本アカデミー賞協会会長などを務めた高岩淡(たかいわ・たん)さんが10月28日午後2時23分、肺炎のため京都市の病院で死去したことが1日、発表された。91歳。葬儀・告別式は家族葬で執り行った。後日、お別れの会を開く予定という。

九州大卒業後の1954年に東映に入社し、京都撮影所に配属。71年には所長に就任し、75年に日本初の映画テーマパーク、東映太秦映画村を開業するなど多方面で映画業界の発展に尽力した。

製作者としては「柳生一族の陰謀」「火宅の人」「極道の妻たち」シリーズ、「鉄道員(ぽっぽや)」「男たちの大和/YAMATO」などのヒット作を手がけ、95~2003年まで長期にわたり日本アカデミー賞協会会長を務めた。

作家の檀一雄氏は異父兄で、女優の檀ふみ(67)はめい。檀は追悼コメントを発表し、「骨の随まで映画人でした。私が俳優となってからはどこへ行っても『高岩淡さんのめいごさん?』と笑顔で迎えられました。そんな叔父を持ったことを、誇りに思っております」と感謝した。

「極道の妻たち」シリーズに主演した岩下志麻(80)は「怒ったお顔を拝見したことがなく、いつも穏やかで優しい心の温かい方でした」と人柄をしのんだ。

◆映画「激動の1750日」に主演した俳優、中井貴一(60) 「日本映画の昭和史、変遷を知る先輩が、空の向こう側へ旅立たれました。仕事以外でも、粋な遊びも教えていただきました」

◆映画「青春の門」「火宅の人」などに出演した女優、松坂慶子(69) 「太陽のような方。私がしゅんとしたとき、困ったときは笑ったらええんやと励ましてくださったことを懐かしく思い出します」

◆東映京都撮影所で製作された映画「吉原炎上」などに主演した女優、名取裕子(64) 「義理と人情に厚く、映画界、映画にかかわる人たちを分け隔てなく大切にする真の映画人だったと思います」

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故