阪神・高橋遥人、CS大丈夫? 左肘違和感降板から回復順調のはずが…一転ノースロー調整

サンスポ
甲子園の外野芝をランニングする高橋。ポストシーズンの開幕投手とみられるが…(撮影・河田一成)
甲子園の外野芝をランニングする高橋。ポストシーズンの開幕投手とみられるが…(撮影・河田一成)
高橋は最後までノースロー調整。キャッチボールもしなかった(撮影・河田一成)
高橋は最後までノースロー調整。キャッチボールもしなかった(撮影・河田一成)

大丈夫? 阪神・高橋遥人投手(25)が1日、甲子園で行われた投手指名練習に参加したが、ノースロー調整だった。10月下旬から左肘に違和感を抱えている。6日のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ初戦、対巨人の先発とみられているが、雲行きが怪しくなった。

左腕を使わない。キャッチボールすらしない。柔らかい表情とは対照的に、高橋は動きを明らかにセーブしていた。

CSファーストステージ初戦となる6日の巨人戦で先発が見込まれている左腕は練習開始10分前となる午前9時50分頃にグラウンドに姿をみせた。秋山、青柳らと一緒にアップを開始。そこまではよかったが、他の投手がキャッチボールを始めたタイミングでトレーナーと話しながら、本隊から外れ、ポール間のダッシュを繰り返していた。

午前10時35分頃に全メニューを終え、リュックを背負ってグラウンドに一礼。そのままキャッチボールすらすることなく、45分間の練習を終え、引き揚げていった。

2度の完封を含む4勝を挙げた今季は右脇腹の筋挫傷などで出遅れたが、9月9日のヤクルト戦(甲子園)で復帰。優勝争いにおいて、10月2日の中日戦(甲子園)から2回連続で中5日で登板した。その影響もあったのか、10月21日の中日戦(甲子園)で八回まで1安打完封ペースも九回に左肘の違和感で降板。出場選手登録から外れることはなかったが、その後の登板はなかった。

高橋は10月29日の全体練習のときにはCSに向けて「問題はないと思いますし、自分としても投げる気持ちでいます」と話し、矢野監督は「現状では、いけるような状態に近づいている」と前向きだった。10月30日にブルペンで投球練習をしたときも指揮官は「大丈夫、大丈夫、大丈夫」と繰り返していたが…。

仮に高橋が離脱となればCSのローテの再編を強いられることになる。巨人に対し、9月25日(東京ドーム)で完封勝利を挙げるなど、今季16イニング無失点とキラーぶりをみせる左腕がいるといないでは大違いだ。

2位からの日本一を目指すためにも、高橋で勝って勢いをつけたいところ。左肘の状態は日によって異なるというが…。大事にならないことを祈るしかない。(菊地峻太朗)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」