DeNAのD6位・梶原が逆転打を放ち神奈川大が創価大に勝利/関東地区大学野球選手権

サンスポ
神奈川大・梶原昂希外野手は創価大戦の九回に逆転二塁打を放ち、ガッツポーズ(撮影・赤堀宏幸)
神奈川大・梶原昂希外野手は創価大戦の九回に逆転二塁打を放ち、ガッツポーズ(撮影・赤堀宏幸)

関東地区大学野球選手権2日(2日、神奈川大9-7創価大、2回戦、横浜)1点差に迫い上げてなお九回2死満塁、DeNAから6位指名された神奈川大(神奈川大学1位)の3番・梶原昂希外野手(4年)が創価大(東京新大学2位)の左腕・内田の直球をとらえ、左中間を抜く走者一掃の逆転二塁打で試合を決めた。

梶原は、「リーグ戦終盤まで苦しんできて、きょうはしっかり左投手対策もして、その前5打席目までヒットはなかったけど、いい感覚だった。打った球は覚えていないけど、いいときは反射的に打てている。4年間で一番の場面で一番の打球だったと思うけど、まだ岸川監督への恩返しにはならないので、明治神宮大会に行けるようにしたい」と喜びながらも、次への意欲を見せた。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに