巨人・秋広の兄・涼太内野手の逆転打で中央学院大が白鷗大を下して4強/関東地区大学野球選手権

サンスポ
中央学院大・秋広涼太内野手は、代打で決勝打を放った=横浜(撮影・赤堀宏幸)
中央学院大・秋広涼太内野手は、代打で決勝打を放った=横浜(撮影・赤堀宏幸)

関東地区大学野球選手権2日(2日、中央学院大3-1白鷗大、2回戦、横浜)白鷗大(関甲新2位)に1点差を追った七回1死満塁で、中央学院大(千葉県大学1位)の秋広涼太内野手(4年)=巨人・秋広優人内野手の兄=が右翼へ逆転2点二塁打を放ち、試合を決めた。

秋広は「空振りして2ストライクになって足がガクガクしたけど、その次がボールでフルカウントになったら落ち着いて、真っすぐをうまく打てた」と胸をなでた。

菅原悦郎監督は、「昨年、秋広が三振して終わっていたので、最後の今年はと思って、練習から1打席とひと振りを求めてきた。代打と決めていた。弟のことで騒がれるのは好きじゃないと思うが、逆にそれを相乗効果にしていれば…。うっぷんも晴らしたでしょう」と目を細めた。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」