米、「IS―K」参加志望のイラク系米国人訴追

産経ニュース
米司法省の建物(ロイター)
米司法省の建物(ロイター)

【ワシントン=大内清】米司法省は1日、アフガニスタンで活動するイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)傘下の「ホラサン州」(IS―K)に参加しようとしたとして、同日までにイラク系米国人、ナセル・アルマダオジ容疑者(22)を逮捕・訴追したと発表した。

同容疑者は1日の公判開始に先立って有罪を認め、武器や爆発物の扱いなどの訓練を受けるためにIS―Kへの参加を企てたことなどを供述した。また、発表によると同容疑者は2018年10月に実際にアフガンへの渡航を試みたり、同年2月にエジプトへ渡って同国のIS系組織「シナイ州」にも接触を図ったりしたほか、仲介者を通じてIS側に米国内でのテロ活動を支援する意思を伝えていたという。

アフガンをめぐっては、今年8月の駐留米軍撤収やイスラム原理主義勢力タリバンによる実権掌握を受け、再び「テロの温床」化するとの懸念が強まっている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故