避難情報発令「難しい」66% 自治体調査

産経ニュース
内閣府などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)
内閣府などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)

内閣府は2日、今夏の豪雨災害を受けて市区町村に実施した、避難情報の発令に関するアンケート結果を公表した。66%が「土砂災害の危険度分布や河川水位が刻々と変わるため、発令の判断が難しい」と回答した。国は、避難情報に関する自治体向けの研修機会を増やすなど、サポートを強化する方針。

調査は、市長会の防災対策特別委員会に所属する市など123市区町村を対象に、10月上旬に実施。発令上の悩みを複数回答で聞いた。「災害が起きず空振りになれば避難指示の効果が薄れる不安がある」との回答が63%、発令範囲が難しいとの回答も57%あった。

また、85%の自治体は防災の知識がある職員が不足していると答えた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」