「わき目ふらず映画続ける」 黒沢清さんに紫綬褒章

産経ニュース
紫綬褒章に決まった映画監督の黒沢清さん
紫綬褒章に決まった映画監督の黒沢清さん

世界三大映画祭の一つ、ベネチア国際映画祭に昨年「スパイの妻」を出品し、監督賞(銀獅子賞)に輝いた黒沢清さん。国内外に熱狂的なファンを持つ〝世界のクロサワ〟だが、紫綬褒章の知らせには「細く長く続けてきたことが、このような評価につながったのだろうと思います」と謙虚なコメントを寄せた。

昭和58年に商業映画デビュー。「CURE」「回路」などの先鋭的な作品を発表、独特の不穏な世界へ観客を引き込んできた。

「映画をひとりで撮ることはできないわけですから、みんなで作業して、私は見守る、つまり現場監督ですね」。〝職人〟を自称し、「腕が上がった証としての受章だとしたら、これほど嬉(うれ)しいことはありません」と喜ぶ。66歳の今も「世界の巨匠たちに較(くら)べれば、私などまだまだ駆け出し」。今後も「わき目もふらずただ映画を続けていく」とつづった。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗