露大統領、米MD網けん制「脅威に適切な措置」

産経ニュース
軍関係者との会合で発言する、ロシアのプーチン大統領=1日、ソチ(ロイター)
軍関係者との会合で発言する、ロシアのプーチン大統領=1日、ソチ(ロイター)

ロシアのプーチン大統領は1日、米国と同盟国が配備するミサイル防衛(MD)システムに関し「核戦力の均衡を崩そうとする国がある。われわれはこの脅威に適切な措置を取らねばならない」と述べ、けん制した。軍関係者との会合で述べた。

ロシアは最近、北大西洋条約機構(NATO)との外交関係を制限すると表明するなど、欧米との関係が冷え込んでいる。

プーチン氏は、一部の国が「ロシアの国境付近にMDシステムを配備した」と指摘。米国や中国との開発競争が激化する極超音速兵器や弾道ミサイルに対応するため、ロシアの防空システムを強化する必要性を強調した。

また米国による欧州への中距離核戦力配備は「われわれにとって大きな危険で脅威だ」と述べた。(共同)

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」