V6、万感“バースデー”ラストライブ ファンに26年分の感謝「心の底から誇りに」

サンスポ
ライブの最後にファンに挨拶するV6のメンバー=千葉市美浜区(撮影・福島範和)
ライブの最後にファンに挨拶するV6のメンバー=千葉市美浜区(撮影・福島範和)

ジャニーズ史に類を見ない功績を残してきたV6が、ついに解散した。CDデビューから丸26年を迎えた2021年11月1日、千葉・幕張イベントホールでラストライブを開催。誰一人として欠けることなく、四半世紀にわたり活動を続けてきた唯一無二のアイドルは〝輪になって〟最後を迎えた。坂本昌行(50)、長野博(49)、井ノ原快彦(45)、森田剛(42)、三宅健(42)、岡田准一(40)は「俺たちがV6!!」と叫んだ。6人とファンの間にあるのは、これからも、愛なんだ!

千葉・幕張イベントホールで行われたV6解散ライブのアンコール。ファンから寄せられた無数の感謝の手紙が巨大スクリーンに映し出され、「ありがとう」の声が流れる。スタッフから6人へのサプライズだった。

最後まで笑顔で-と誓った6人は瞳を潤ませ、込み上げる思いを必死に抑えた。井ノ原は「V6は僕らだけじゃなく、皆さんの歴史。心の底から皆さんを誇りに思います。26年間ついてきてくれて、笑顔を見せてくれて本当にありがとう」。グループ解散とともにジャニーズ事務所を退所する森田は「これでさよならじゃない。皆さん、これからも6人を信じて」と思いをあふれさせた。

開演前、ライブ会場を包んだのはファンの涙かのような雨だった。オープニング曲も「雨」。本紙などの取材に応じたメンバーは、グループ活動が26年間続いた要因について「奇跡」と何度も繰り返した。6人は、この日も奇跡に迎えられた。

セットリストはデビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」から新曲「MAGIC CARPET RIDE」まで41曲を網羅したベスト版ライブ。「Darling」「WAになっておどろう」「愛なんだ」などのメドレーでは、若かりし頃の映像とともに歌い踊った。興奮したファンは必死にメンバーカラーのペンライトを揺らした。きらびやかな海原のようだった。

6人は、ラストツアーのために制作され、本編の最後に披露した未音源化楽曲「目を閉じれば」の歌詞にファンへのメッセージを込めた。

♪どこにいたって 僕はそばにいるよ

岡田は「V6という存在が消えることはない。死ぬまで覚えているであろう、メンバーとの関係性を大事にしながら生きていく」と言い切った。

一夜明け、V6はファンの胸の中だけで〝デビュー27年目〟を迎えた。(渡邉尚伸)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は