片岡仁左衛門、最高齢の親獅子役を更新「35年前の夢がかなうことになりました」

サンスポ

人間国宝の歌舞伎俳優、片岡仁左衛門(77)が1日、東京・銀座の歌舞伎座で開幕した「吉例顔見世大歌舞伎」(26日まで)の第2部「連獅子」に出演し、本興行で最高齢の親獅子役を更新。これまでは1986年に十七世中村勘三郎さんが演じた76歳が最高で、当時の勘三郎さんについて「ゆったりと百獣の長の重厚さを出しておられて、とてもすてきでした。あの年になったら是非あのように踊ってみたい、という思いにかられました」と振り返り、「35年前の夢がかなうことになりました」と喜んだ。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは