岡本が2年連続2冠 セ・リーグ個人タイトル

産経ニュース

セ・リーグは1日、個人タイトルが確定し、岡本和(巨人)が39本塁打、113打点で2年連続の2冠に輝いた。村上(ヤクルト)も39本塁打で初の本塁打王を岡本和と分け合った。

鈴木誠は打率3割1分7厘、出塁率4割3分3厘で、ともに2年ぶり2度目となる首位打者と最高出塁率を獲得。新人の中野(阪神)が30盗塁で盗塁王、近本(阪神)が178安打で最多安打に輝いた。

投手部門では柳(中日)が防御率2・20、168奪三振で、どちらも初となる最優秀防御率と最多奪三振の2冠。青柳(阪神)と九里(広島)は13勝で初の最多勝を分け合った。青柳は勝率6割8分4厘で、勝率第1位も手にした。

シーズン50ホールドのプロ野球記録を樹立した清水(ヤクルト)は、救援勝利を合わせたホールドポイントが53となり、2年連続で最優秀中継ぎを獲得。スアレス(阪神)は42セーブで2年連続の最多セーブに輝いた。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに

  5. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?