福田正博さん、かつての得点王は監督からの手紙のおかげ

サンスポ
生島ヒロシ(右)のラジオ番組に出演した福田正博さん
生島ヒロシ(右)のラジオ番組に出演した福田正博さん

「ミスター・レッズ」と呼ばれたサッカー解説者、福田正博さん(54)が1日、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・0)にゲスト出演、解説同様キレのある明るい話で番組を盛り上げた。

W杯予選の話で始まり、日本人選手初のJリーグ得点王に輝いた1995年のシーズンを振り返った。福田さんは32得点を挙げ得点王に輝いたが、この年に就任したオジェック監督(73)からの手紙が発奮材料になったことを明かした。

「浦和レッズで10年間プレーして12人の監督と仕事しましたが、オジェック監督は唯一、手紙をくれた監督なんです」と福田さん。ちなみにJリーグでの得点は93年に4点、94年は6点だった。

「実は95年6月、日本代表として最高にコンディションがいい状態だったのに、試合に出られなかったんです。そんな時、国立競技場にオジェック監督が試合を見に来て、ベンチに座っていた僕の気持ちを理解してくれて手紙をくれたんです」-。手紙はドイツ語で書かれ、通訳が日本語に翻訳してくれたという。

「《今の君の気持ちは理解できるけど、前向きに楽しんでくれ。帰ってきたら、一緒に浦和レッズで爆発しよう! 活躍しようじゃないか!》と書いてあったんです。その手紙を読んで、モチベーションが上がりました」。チームへ戻った福田さんはうっぷんを晴らすように点を取り続け、得点王になった。

「今でも大切に取ってあります。奥さんからもらった手紙は全部、捨てちゃいましたけど」と苦笑。パーソナリティーの生島ヒロシ(70)も「ビジネスの世界にも通用する話ですよね」と感心しきりだった。福田さんは今月のゲストとして番組に登場する。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故