鳥谷引退、豊かな指導力に期待も“気になる交友関係” 詐欺疑惑の企業代表がタニマチ報道も

zakzak
引退を決意した鳥谷
引退を決意した鳥谷

ロッテは10月31日、鳥谷敬内野手(40)が今季限りで現役引退すると発表した。

この日、自ら引退を球団に申し入れた鳥谷は「阪神で16年、ロッテで2年。いろいろな人と出会い、支えていただき、ここまで現役をすることができた。今は感謝の気持ちでいっぱい」とコメントを発表した。

阪神で2000本安打を達成して、ベストナイン6回、ゴールデングラブ賞5回、プロ野球歴代2位の1939試合連続出場のスター遊撃手。2019年オフに引退を勧告されるもこれを拒否し、翌春のキャンプまでに所属先が決まらず1人でトレーニングを続けていたところ、懇意にしていた井口資仁監督が手を差し伸べた。

ロッテでも阪神時代同様、背中で若手を引っ張ってきたが、今季は1軍出場わずか32試合で打率・170、2打点。7月に出場登録を抹消されて以降、一度も昇格することはなかった。通算18年間、出場2243試合の現役生活だった。

阪神のスター選手として引退の花道を飾る選択肢もあった中で、ロッテでの現役続行を選択したのは野球人生最後の大きな決断だっただろう。

ロッテでは過去には福浦(現二軍ヘッド兼打撃コーチ)らの現役引退の際は、引退行脚や記念グッズの販売もあったが、鳥谷は拾われた身。今季2位と躍進したチームの中で静かにユニホームを脱ぐことになった。

阪神時代から選手間の人望があり、ロッテでも若手に慕われた。引退後は指導者としての活躍が期待され、ゆくゆくは監督も視野に入る人材だが、気がかりなのはグラウンド外だ。

今年9月、写真誌が約40億円もの詐欺被害に携わった企業の代表が鳥谷のタニマチだったと報じ、阪神時代のユニホームをまるでペアルックのように着こなした2ショット写真が掲載された。

法令順守が叫ばれるプロ球界だけに、古巣阪神の球団関係者も「今、うちの選手ではないので…。在籍中ならとんでもないことになっていた。選手の交友関係を洗い出すのはトラブルでも起こらない限りはなかなか難しい」と肝を冷やしていた。

現在も阪神ファンから絶大な人気を誇るレジェンド。第二の人生でもファンを沸かせてもらいたいものだ。 (山戸英州)

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘