ワクチン6610回分廃棄 青森県の広域接種会場

産経ニュース

青森県は1日、新型コロナウイルスの県営広域接種弘前会場(弘前市)で、温度管理の不手際のためモデルナ製のワクチン6610回分を廃棄することになったと発表した。

県の担当者が10月31日朝、冷蔵庫内の温度が適正値を4度近く上回る11・8度になっているのに気付いた。県は何らかの原因で通電しなくなったとみている。31日は別会場から代替分を取り寄せたが、接種は約1時間遅れた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは