自民・遠藤選対委員長「ここまでいけるとは…」

産経ニュース
【衆院選2021 政治 投開票】当選確実となった遠藤利明選対委員長(左)とバラをつける自民党総裁の岸田文雄首相=31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
【衆院選2021 政治 投開票】当選確実となった遠藤利明選対委員長(左)とバラをつける自民党総裁の岸田文雄首相=31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

自民党の遠藤利明選対委員長は1日午前のフジテレビ番組で、自民が単独で「絶対安定多数」を確保した衆院選の結果について「正直、ここまでいけるとは思っていなかった。単独過半数は難しいと思っていたので、ここまで議席を伸ばせて本当にうれしい」と述べた。勝因について「岸田文雄首相(自民総裁)の安定感が国民の信頼を得たのではないか」と語った。

一方、甘利明幹事長らが選挙区で落選したことに関しては「それぞれの選挙区事情もあるので丁寧に分析したい」と指摘。甘利氏が幹事長辞任の意向を示していることについては「岸田総裁の判断だ」と述べるにとどめた。

絶対安定多数は、衆院常任委員長を独占し全委員会で委員の過半数を占める261議席。自民は31日夜、衆院選で勝利した東京15区の柿沢未途氏、奈良3区の田野瀬太道氏を追加公認して261議席に達した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性