投票率55・93%で確定 衆院選、戦後3番目の低さ

産経ニュース

総務省は1日、衆院選の投票率が選挙区55・93%、比例代表55・92%で確定したと発表した。平成29年の前回衆院選(選挙区、比例代表とも53・68%)を選挙区で2・25ポイント上回ったが、戦後3番目に低い水準。4回連続で50%台となった。

解散から投開票までの期間が短かったほか、争点が見えにくく、有権者の関心が高まらなかったことなどが要因とみられる。戦後最低は前々回の26年で、選挙区52・66%、比例代表52・65%。29年は戦後2番目の低さだった。

選挙区の都道府県別投票率で最高は山形県の64・34%。新潟県63・16%、島根県61・55%が続いた。最低は山口県の49・67%で、唯一50%を割り込んだ。ほか低い順に岡山県50・94%、福岡県52・12%となった。

男女別では、男性が56・06%(前回比1・98ポイント増)、女性が55・80%(同2・49ポイント増)だった。期日前投票者数は、前回比3・72%減の約2058万人となった。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは