大麻所持の消防士懲戒免職 東京消防庁

産経ニュース

東京消防庁は1日、大麻を所持したとして、足立消防署の柴田響己(ひびき)消防士(23)を懲戒免職処分にした。柴田消防士は「ストレスと不眠解消のために持っていた」と話している。

同庁などによると、8月に神奈川県茅ケ崎市内のコンビニ敷地内で所持したとして、大麻取締法違反の疑いで県警茅ケ崎署に現行犯逮捕された。同罪で起訴され10月、横浜地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けた。

同庁の高橋公也服務監察課長は「職員の教育を徹底し、再発防止に努めていく」とのコメントを発表した。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」