寅年の年賀はがき発売 森林環境守れる紙に

産経ニュース
年賀はがきの販売が始まり、窓口で購入する男性=1日午前、東京都千代田区
年賀はがきの販売が始まり、窓口で購入する男性=1日午前、東京都千代田区

令和4年用年賀はがきの販売が1日、全国一斉に始まった。日本郵便は干支の寅にちなんだイラストなどをあしらった特製はがきを用意。違法伐採などがない森林から生み出されたことを示す国際認証を受けた紙を新たに使い、環境保護や地球温暖化問題に配慮した。

発行枚数は前年比6%減の約18億3000万枚で記録が残る平成16年用以降で最少。会員制交流サイト(SNS)での新年あいさつが定着したことや、新型コロナウイルス禍で企業が広告用の購入を減らしている事情が影響した。

お年玉くじの1等賞品は30万円の現金や、31万円分の電子マネーギフトなどから選べる。配達の受け付けは12月15日に始まり、元日に届けるには25日までに投函(とうかん)する必要がある。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は