感染とうそ、警官待機に 交通違反の男、妨害容疑

産経ニュース

「警察官に新型コロナウイルスをうつされた」と噓をつき、自分の交通違反を取り締まった2人を自宅待機にさせたとして、宮城県警は1日、業務妨害の疑いで仙台市太白区四郎丸浜堀の会社役員、菅原泰弘容疑者(46)を逮捕した。「妨害するつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

県警によると、菅原容疑者は8月18日、同県富谷市で乗用車を運転した際に携帯電話を使い、県警機動センターの警察官2人から取り締まりを受けた。その後感染を訴えたが、検査の詳細を話そうとしなかったため、県警が保健所に検査結果を照会、記録がなく発覚した。

逮捕容疑は同18~20日、機動センターに電話し「発熱している」「PCR検査で陽性だった」と噓をつき、取り締まった2人を濃厚接触者として3日間自宅待機させたほか、パトカーなどの消毒作業を生じさせ業務を妨害したとしている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は