衆院選 台湾与党「自民が安定多数は良いこと」

産経ニュース
台湾の呉釗燮外交部長(中央通信社=共同)
台湾の呉釗燮外交部長(中央通信社=共同)

【台北=矢板明夫】10月31日に投開票が行われた衆院選で与党、自由民主党と公明党が過半数を獲得したことを受け、台湾の外交部(外務省に相当)は1日、「台湾と日本は理念の近いパートナーである。双方は力を合わせて今後、友好協力関係を深めるとともに、アジア太平洋地域の平和と安定のために貢献することを期待する」とのコメントを発表した。そのうえで、呉釗燮(ご・しょうしょう)外交部長(外相)の名義で、当選した超党派議員連盟「日華議員懇談会」のメンバーに祝電を送った。同連盟は、日台の議員交流などを長年推進してきた。

台湾の与党、民主進歩党の関係者は「台湾に友好的な自民党が安定多数を獲得したことはわれわれにとって良いことだ。引き続き、台日親善を推進していきたい」と話している。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走